ホーム > 症状を記録しましょう

症状を記録しましょう

パーキンソン病の症状は個人差が大きく、症状の変化や生じる頻度、程度について患者さん自身が正しく知ることが、適切な治療を受ける第一歩です。
ご自宅での、症状の小さな変化、気になること、困ったことを記録に残しておき、主治医に伝えるようにしましょう。

くすりのしおり
患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る