ホーム > アジレクト錠の主な副作用

アジレクト錠の
主な副作用

国内の臨床試験で認められた主な副作用は、ジスキネジア(8.0%)、転倒(3.7%)及び鼻咽頭炎(3.2%)でした。
また、レボドパを含むお薬とアジレクトを一緒に服用した海外の臨床試験で認められた主な副作用は、ジスキネジア(12.3%)、悪心(6.6%)、浮動性めまい(5.1%)、頭痛(4.6%)、不眠症、起立性低血圧(各3.7%)、転倒(3.5%)でした。

ジスキネジア 手足が意思に反して勝手に動く症状
悪 心 吐き気
浮動性めまい からだがフワフワとうわつくめまい
起立性低血圧 低血圧の一種。急に立ち上がったときにフラフラしたり、起き上がった拍子にめまいを起こします

気になる症状があらわれた場合には、医師、薬剤師、看護師に連絡してください。

自動車の運転、機械の操作、高所での作業など危険をともなう作業には従事しないでください。

何かわからないことがあれば、医師・薬剤師・看護師に相談してください。

くすりのしおり
患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る