ホーム > アジレクトのはたらき

アジレクトのはたらき

パーキンソン病では、ドパミンの量が減り、脳の指令がうまく伝わらなくなります。

パーキンソン病は、脳の神経細胞が減少し、神経伝達物質であるドパミンが減ることで、手足が動きにくくなったり、ふるえたりする病気です。

アジレクトは、MAO-Bの働きを妨げ、ドパミンの量の低下を抑えます。

このドパミンはドパミン受容体に届く前にMAO-Bマオビー(モノアミン酸化酵素-B)という酵素で一部が分解されますが、アジレクトは、MAO-Bの働きを妨げることで、受容体に届くドパミンの量の低下を抑えます。

くすりのしおり
患者の皆さま
医療関係者の方
国内サイト

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る